デリケートゾーンの脱毛をする人が急増しているみたい・・・

MENU

デリケートゾーンの脱毛をする人が急増しているみたい・・・

デリケートゾーン脱毛は、どんなもの?

 

今日はエステティシャン、そして脱毛士の恵澤千春さんにお越しいただきました。

 

デリケートゾーンの脱毛の方法について、いくつか教えていただきます。

 

永久的な脱毛と一時的な脱毛があると思うんですが、一時的なものだと今流行っているのがワックス脱毛。

 

液状のワックスを塗って、そこに紙のようなもの、布のようなものをあてて、一気に剥がすやり方ですね。

 

これは20年〜30年前からエステティック業界では普通にあった施術なんです。

 

手や足もありますね。

 

脱毛した後の毛穴が赤くなったりですとか、肌荒れを起こしたりとかで、15くらいは下火の技術だったんですが、ブラジリアンの流行とともにまた復活してきている。

 

昔とは違ってワックスの質も良くなっていますし、ブラジリアンワックスも協会があったりしますので、きちんとした研修をしています。

 

 

 

日本人は美意識も高いですし、完璧を目指す人も多いので、しっかりとムダ毛をなくしたいと言う人が多いので、電気や光やレーザーを選ぶ人が多いんだと思います。

 

トラブルというか、痛みとか肌荒れとかはどうなんでしょうか?

 

ワックスだと想像していただければ分かりますが、一気に剥がしていきますので、肌がデリケートな人にはあまりお勧めできないですね。

 

剥がす刺激もありますし、自分で毛抜きで抜くのと同じことなので、抜いた後開いた毛穴に雑菌が入って炎症を起こすこともありますし、お店を選ぶのも重要ですし、自分でワックスを買って脱毛をする人もいるんですが、きちんとした知識がなくて脱毛するのは心配ですね。

 

電気や光やレーザー脱毛は痛みは伴わないんですか?

 

痛みには個人差があるので、かなり人によると思いますが、デリケートな場所ではどの方法でもまったくの無痛というのはないと思います。

 

レーザーや光脱毛は、黒い部分に反応させる脱毛ですので、毛が黒くないとあまり効果がないということ、白髪には効き目がないんですね。

 

それに皮膚の色が黒いと反応しづらくなってしまったり、危険を伴います。

 

黒い部分というと乳輪などもそうですが、乳輪の内側の毛を気にする人も多いんですが、そこはレーザーや光を当てられない場所なので、電気脱毛で1本1本とっていくと言うやり方になります。

 

 

 

脇の処理もそうなんですが、月に1度とかでいいんですか?

 

毛周期に合わせて何ですが、ワックス脱毛の場合はツルツルな状態でいられるのが2週間くらいだと思います。

 

1カ月から1カ月半くらいの周期で通う必要があると思います。

 

永久脱毛ではないので、ご自身の都合に合わせてずっと通うことになるのですが、電気や光やレーザー脱毛の方法でツルツルの状態を目指して、永久脱毛を目指していくには毛周期に合わせて通っていくんですが、デリケートゾーンだと2カ月に1回の割合で通って1年〜2年かかります。

 

最終的に確実にムダ毛がなくなるのは、140年の歴史がある電気脱毛だけになるので、特に粘膜の部分ですとか白い毛の部分まできちんとなくしたいと言う場合は、電気脱毛で仕上げていくようになります。

 

一度終わってしまえば再生してくることはありませんので、完全な永久脱毛になります。

 

 

 

みなさんが口をそろえておっしゃるのが、どんな方法でも一度処理をしてスッキリした状態に慣れてしまうと、なんでもっと早くやらなかったんだろうって思うようです。

 

だから未経験の方は一度脱毛体験をしてみるとイイと思います。

デリケートゾーン脱毛はもうファッション!?

 

今日はエステティシャン、そして脱毛士の恵澤千春さんにお越しいただきました。

 

デリケートゾーンの脱毛の方法についてお話を聞きます。

 

デリケートゾーンの脱毛はどうして注目されているんでしょうか?

 

10年くらい前からデリケートゾーンの脱毛をする人がいらっしゃったんですが、ここ数年はかなり多くの人の希望が多くなっています。

 

やはり一番は海外ドラマの影響だと思われます。

 

加納姉妹などの芸能人や海外セレブの方が、デリケートゾーンの脱毛をしているということで話題になっています。

 

でも欧米では常識になっていて、女性だけでなく男性もデリケートゾーンの脱毛ケアをしているようです。

 

それは見た目が良くなると言うこともあると思いますが、エチケットとかですか?

 

エチケットもそうですし、衛生面でも、女性は特に生理中の蒸れや匂いが気になったりしますので、そういった意味でもケアもあると思います。

 

見た目自体もスッキリしますし、しょっちゅう見せる場所ではないんですが、女性同士で温泉などに行った時もカッコイイねと言われたりするようです。

 

 

 

名称もいろんな言い方があるように思うのですが・・・

 

場所的にはデリケートゾーンと言いますが、ブラジリアンと言ったりとか、ハイジニーナとエステサロンでは言ったりします。

 

ブラジリアンワックスという脱毛方法があるのですが、デリケートゾーンのムダ毛を一時的に取っていく方法が流行っています。

 

その影響もあって、デリケートゾーンの脱毛自体をブラジリアンと呼ぶこともあります。

 

実際には長方形に毛を残すものをブラジリアンと呼びます。

 

全部の毛をなくしてしまうのはオーストラリアンと呼びます。

 

 

 

デザインがいろいろとあると聞いたのですが・・・

 

ブラジリアンはVゾーンの毛を長方形に縦長に残すんですが、日本人の女性で一番要望が多いのが自然な逆三角形ですね。

 

まれにハート型にしたいですとか、全てなくしたいと言う人もいらっしゃいます。

 

残し方もいくつかのパターンがあるということですね。

 

個性を主張する人もいらっしゃいますし、ファッションの一部ととらえている女性も多くなってきています。